持続可能エネルギー環境研究会(SEEES)

いま世界のエネルギー環境は大きく変化しつつあります.

エネルギーに関しては長期的に見れば再生可能(自然)エネルギーが柱となると考えられています.
電力に関しては、大電力会社から系統を通しての送電のみに依存する姿から、 地域で発生する創エネ、蓄エネ網による分散型エネルギーの利用の姿も見えてきています.

持続可能エネルギー環境教育研究会(Sustainable Energy and Environmental Education Study group: SEEES、SE3研究会)は、 「エネルギー環境問題を次世代に先送りしない」をモットーに、 学校教育のみならず科学教室や生涯教育を通して、子どもからおとなまで幅広い人を対象として、 再生可能(自然)エネルギーを柱とした持続可能なエネルギー環境を、最新記事を含む教材データを調査しつつ、 やる気の出る新しい教材を調査研究し、公開することにより啓発活動を行います.


[お知らせ]
ソーラーシェアリングに関する講演会を開催します.

太陽のエネルギーを農業と太陽光発電が共有する「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」が、狭い日本におけるこれからの新しい農業とエネルギーの共存の姿として注目を浴びています.
しかし、東京などの都市部ではなかなか周知されているとは言えません.そこで、東京にある市民発電やエネルギー環境団体が主体となって、ソーラーシェアリングのことをもっと多くの人に知っていただこうと、講演会を企画しました.
SEEESも共催団体となってこの新しい技術に向き合っていこうと考えています.ご参加をお待ちします.

* テーマ「次世代農業モデルを拓くソーラーシェアリング」
* 日時:平成30年12月1日(土)14:00〜16:30
* 場所:練馬区立区民・産業プラザ研修室1(ココネリ3階、西武池袋線・都営大江戸線「練馬駅」直結)
詳しくは、ここをご覧ください.

お問い合わせ SEEES事務局 se3office.jp@gmail.com

入口 メインページへ
趣旨 研究会設立の趣旨
目的 研究会の目的
会員 会員について
資料 資料